HOME

What's New(新着情報)

日本人と海外ホテル

日本人の海外ホテルの利用方法、海外ホテルの印象についてです。

ホテルの利用方法は、その国の国民性を映し出しているようです。

国の文化に応じて、ホテルの利用役割も違います。

ホテルの認識も、国ごとに相違点があるようです。

海外ホテルを日本人が利用する場合、悩む習慣の一つ、それはチップを払うことです。

このチップ文化に、対応できない日本人も多くいるようですし、そもそも、チップ文化すらしらない日本人も多くいるようです。

海外ホテルでは、チップを払うことが一つの習慣になっているようです。

この点も、文化的な様相が見えてきます。

日本人が海外ホテルを利用する場合、その利用目的は主に旅行です。

日本人が海外ホテルを利用する場合、英語か日本語が通じる海外ホテルを利用することが殆んどのようです。

その為、比較的、高額なホテルを利用することになるそうです。

低価格な海外ホテルだと、言葉が通じないので、利用するにはその国の言語を話せないと、サービスなどをうけることができない為です。

それと、低価格だと良いサービスはうけられないというのが、海外の常識でもあるようです。

海外ホテル内のサービスも、比較的、高額な海外ホテルであれば、楽しめるものもあるようです。

海外ホテルから見た日本人は、高額を支払ってくれるお得意様という視点もあるようです。

国内で紹介されている海外ホテルの多くは、高額な有名ホテルが殆んどです。

その為、日本人が持つ海外ホテルの印象は、豪華でサービスが行き届いた海外ホテルというように思えるのではないでしょうか。

HOME